1-100607-093
                    1-100607-91
                       (2010.6/7)

      今朝6時の山荘の気温 16℃、うす曇り。

      明け方の気温は12度まで下がったようです。 初夏とはいえ、
     朝晩はまだまだ肌寒い美瑛です。
                   *
     現役医学生の小姫から深夜にメールが届いた。作家・井上ひさし
    さんの『吉里吉里人』を再び読んでいるという。
     あの分厚い本を二度も読むという、東北人の懐の深々さに脱帽!
    脱帽ばかりしていてもと、本棚を探したが・・・無い! どうやら
    ここに居ても日の目を見ることがないから、旅にでも出たんだろう。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「ジイ、『007 / ロシアより愛をこめて』観たんだって?
     アチキもこれから観るんだけどさ、どう、懐かしかった?」
                           ─── 仙台姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      教えてくれてありがとう。そう、懐かしかった。全編のまだ
     1/3ほど観ただけだけど、通して全部観るのが惜しくてね。
      最初に観たのが高校生の時だったか、あのテーマ音楽に誘わ
     れ、学校の帰りに観た記憶がある。いま思うとマセテいたんだ
     ろうな。
      ラストシーン(まだ観てないけど)、小舟の上から、二人の
     ムツゴトの映ったフィルムを投げ捨てるシーン、懐かしい!

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「ジイ、全部観たよ。ジェームス・ボンド、あの手の男が
      当時はモテたんだね」
                   *
      「ロシアの諜報部にも、女を使う組織があったんだ。アレは
      たぶん創作だね。でも音楽が良かった。作曲者は有名な人?」
                          ─── 仙台姫
  
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       作曲者は英国の著名な映画音楽家で、「ジョン・バリー」。
      小姫のお気に入りの音楽家です。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「 ‵ From Russia with love, I fly to you.・・・‘
                   *
       おじさん、お晩です。私も見ましたよ。冒頭の音楽がいい
      ですね。速い弾むテンポのあと、なめらかに流れる曲想~」
                   *
      「おじさんの高校生の時の映画音楽だなんて・・うらやま
      しいです」                ─── 小姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        映画も音楽も、世代を超えて受け継がれていくんだね。
       若い人と分かち合えるのがうれしいです。

Filed under: 本、小説、詩,美瑛  タグ: — tomi 06:40
  • 2020年7月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー