葬送

            1-DSCF9371

      今朝6時の山荘の気温 13℃、晴れ(午前11時 24℃)。

      昨日ポーチで死んでいた青い鳥、昨年秋に死んだ猫のミーシャの
     墓の横に埋葬した。

   1-DSCF9372  1-DSCF9374

            1-DSCF9375

             ミー、仲よくな、いじめるなよ。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「ジイ、なんだか寂しそうね。人と何日も話して
         無いんだって? しゃべり方、忘れちゃうぞ!」
                       ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           10日に一度ぐらい街に買い物にいくとき、
          スーパーのレジのお姉ちゃんと二言三言話す
          くらいです。
           話すことより、声を出すことじたい無くな
          りました。猫が死んでからは。独り言も無く
          なりました。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            1-4-27 (8)
               (今日も暮れてゆく)

         「ルリビタキでしょうか? 綺麗な鳥です。
         外灯に巣を作っているとき、誤ってガラスに
         衝突したようです」    ─── 村人・A

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           幸せの青い鳥は、山荘には似合わないん
          でしょかね。

Filed under: お便り,動物  タグ: — tomi 11:20
  • 2020年7月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー