恋とは・・ 愛とは・・

             1-DSCF9344

             今朝5時の山荘の気温 8℃、快晴。

          美瑛の今日の昼間の気温は29度まで上がる予報が。
         昼夜の気温差が20度以上、年老いた身には応えます。
          雲一つない空は味気ない。空虚とか、空々しいとか、
         昔の人も、抜けるような青空は嫌ったらしい。
          窓を開けるとタンポポの綿毛が飛び交い、春ゼミが
         うるさい。 騒々しい季節がやってきた。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「おじさん、ご沙汰してます。 前(相当前?)に
         ‵ 恋は男女が見つめ合うこと、愛は男女が同じ方向
         を見ること ’ だっておっしゃってましたよね」
                     *
         「私はてっきりおじさんの言葉だと思ってましたが、
         『星の王子様』のサン・テグジュペリの言葉だったん
         ですね。おじさん、盗作ですよ」   ─── 小姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          そうですか、そんな偉い人の言葉だとは知りません
         でした。
          二十歳の頃でしょうか、暗い毎日で、夜中にラジオ
         から流れたその言葉が忘れられず、慌ててメモした紙
         を壁に貼り付けた気憶があります。
          後日、近くの教会の牧師さんが見えた時、その張り
         紙を見て感心しておった。恥ずかしながら、私の言葉
         じゃないとは言えませんでした。

     1-DSCF9346-001  1-DSCF9347

            真夏のような一日でした(昼の気温28℃)。
           巣箱のシジュウカラも涼んでるみたい。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「ジイ、現役医学生の前で、エエカッコしちゃあ
           いかんゾネ。少し前まではオムツしてたんだから」
                           ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           この歳になって思うんだけど、人の成長って、十代
          後半から二十代が最も速くて重いような気がする。
           小姫を見てると長生きしたくなるよ。

Filed under: お便り,十勝連峰  タグ: — tomi 05:49
  • 2020年7月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー