1-140511-14
                    1-140511-2
                    (掲載写真は2014・5/14)

       今朝6時の山荘の気温 6℃、晴れ。

       パソコンの操作が突然わからなくなり、早朝から七転八倒、
      今朝撮ったはずの写真が行方不明に。こういう事態がこれから
      も続くのかとおもうと暗い気持ちになる。
       そういえば最近、子供の頃の夢をよく見る。忘れていた事や
      思い出せなくなった人々が、突然夢の中に現れる。ふしぎだ。
                   *
       目の前に読みかけの本が数多く積まれている。続きを読もう
      という意欲がわかないので、そのままになっている。
       残り少ない日数、最後にもう一度読みたいのは『源氏物語』。
      読み通せるかわからないが、なんとか「宇治十帖」までたどり
      着きたい。

   1-DSCF9281  1-DSCF9282

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「ジイ、やったぜ! 午後からお休みじゃ! 理由は
        いうに言われぬ女の武器(つきのもの)」
                   *
        「事務所を出たとたん、ルンルン気分で身も軽く!」
                   *
        「ただ、休み明けは暗い顔して出社しないとな・・」
                         ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         上司に、どんな顔して理由を報告したのか・・
        役者じゃのぉ~。 社内で、この欄のぞいてる人が
        いたらバレバレだぞ。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「ジイ、『時代屋の女房』観たよ。なんかさぁ~
         自分のこと見られてるようでさぁ」
                        ─── 仙台姫
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          だいぶ前(相当むかし)、夏目雅子さんが存命
         だったころ観た記憶があります。あの頃の彼女は
         輝いてましたね。
          「涙つぼ」、有ったら欲しいよ。 爺も涙もろく
         なりましたんで。

Filed under: テレビ、映画,未分類  タグ: — tomi 09:29
  • 2020年6月
    « 5月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー