1-DSCF9145
                     1-DSCF9146

          今朝7時の山荘の気温 8℃、晴れ~くもり。

    朝晩だけ暖房用ボイラーを動かすのが面倒だし(つい忘れてしまうので)、
   暖かくなった日中も、暖房機が動いていることがおおくなった。 認知症の
   せいばかりでなく、暑さ寒さに対する皮膚感覚も鈍くなってきたらしい。

   1-DSCF9147   1-DSCF9148

    ここ最近、クシャミ・鼻水も多くなった。 老人性・・・ではなく、発熱も
   無いので白樺の花粉症だと思われる。 窓を開け、カメラのレンズをズームに
   して撮ってみると、見事に白樺の花房が枝々にぶら下がっていた(写真・上)。
    これから桜が咲き、散るまでの間のおよそ1ヶ月は、この花粉に悩まされ
   る日々が続く。 窓ガラス越しに見ているだけだと、風にブラブラ揺られ可愛
   らしいんだけどね。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「ジイ、コロナに罹ったかと知人の医者に診てもらったら
       花粉症じゃった」
                    *
       「飲酒はひかえるよう言われたけど、こればかりはねぇ~
       小姫に相談したら、爺みたいにお酒をマスクに染み込ませ
       たらと言われた」
                    *
       「どうすればいいのか、具体的に教えて」  ───仙台姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    1-DSCF9149  1-DSCF9150

       まず、使い捨てマスク(洗濯か熱湯消毒したものでよい)に
      ガーゼか、ポケットティシュを折りたたんだものを内側に挟む。
      その上に20度以上のホワイトリカーを、鼻の穴にあたる部分
      にストローで流し込む(けっして飲んではいけない!)。
      乾いたら何度もリカーを補充する。けっして飲んではいけない。

Filed under: 季節、四季  タグ: — tomi 13:01
  • 2020年6月
    « 5月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー