1-DSCF8968
                (写真は数日前のもの)

        今朝7時の山荘の気温 -4℃、小雪。 積雪:15cm。

       昼夜の気温が、氷点(0℃)を境に上下するようになりました。
      窓の外、ときどき激しく降る雪も、しばらくすると青空が拡がる。
      もう氷点下20度にも下がる朝は来ないのだと思うと、気が楽だ。

    1-DSCF8971-001   1-DSCF8970
         (サントリナ)             (タイム)

       雪の重みでつぶされていたハーブたち。 ペチャンコになっていた
      枝や幹も次第に立ち上がってきた。たくましい! 見習いたいですね。

    1-DSCF8973   1-DSCF8972

        上の写真の3時間後の様子。 雪解けのスピードが速いです。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              1-3-24 (1)
                  (交代の時間)

          「30年前、会社の温泉旅行で温泉に入りたがらない
         会社員がいて不思議に思っていました。
          誰も居ない夜中に浴場に行くと、その紳士的な社員
         が一人で泳いでいて、背中一面に弁天様の刺青があり、
         その水面に浮かぶ弁天様の綺麗なことに驚いたことが
         あります」           ─── 村人・A

Filed under: お便り  タグ: — tomi 09:22
  • 2020年7月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー