1-DSCF8759

        今朝7時の山荘の気温 -8℃、雪。 積雪:40cm。

      日々の外気温、最高最低の温度差が20度近くなることがある。
     暖房用ボイラーが終日自動運転しているので、室内にいるぶんには
     外の寒さは分からない。窓ガラスの外の風景は、まるで映画の世界
     のようで、実感がわかない。この土地で生まれ育った古老の話では、
     昔は朝起きると枕元に雪が薄っすら積もっていたとか。

            1-DSCF8758-001

     上の写真は、昨夕の十勝連峰。うっすら朱に染まってきれいでした。

   1-DSCF8757   1-DSCF8756
       (トムラウシ山)          (オプタテシケ山)

    トムラウシ山は美瑛町と十勝管内新得町の間にあり、どちらかというと
   新得からの方が存在感のある山だと聞きます。
    オプタテシケ山は、十勝岳連峰の北の端にそびえる独特の山容。火山の
   爆裂崩壊で生まれた山なんだそうだ。山荘に見えたある女性客が、まるで
   女性の陰部のようだと顔を赤らめておった。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「爺、総合病院で診てもらった結果はどうなんじゃ? 無事帰ってきた
    ところをみると、もう少し生きられるのか?」    ─── 仙台姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      いろいろ診てもらった結果、差し迫って(入院)どうこうはない
     そうじゃ。様子見だと。
      循環器科の先生なんだけど若い小柄の女医さんで、おもわず小姫
     かと・・。あの子もあと2~3年もすれば研修医になるんだろうな。
 
            1-DSCF8760

                (午後1時ごろ)

Filed under: お便り,十勝連峰,天気、星空  タグ: — tomi 10:33
  • 2020年6月
    « 5月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー