1-DSCF8681
                       1-DSCF8682

        今朝7時の山荘の気温 -11℃、薄曇り。積雪:40cm。

      未明には -15℃まで下がったようです。山荘は停電にならない限り、
     灯油タンクの残量がゼロにならない限り、寒さには立ち向かえる。ただし
     大雪が降ると陸の孤島となってしまいますが。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、帰って来たゼ。 久しぶりの実家、両親とも急に歳とって
       淋しかったけどさ」
                     *
        「体のぐあい良くないんだって? お酒の飲みすぎなんだよ。
        しばらく入院して、ついでにアル中も治しな!」
                            ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          心臓に不整脈が多いんだと。心が乱れがちなんだとさ。
         若い頃の乱れだといいんだが、この歳で乱れたんじゃあ
         始末が悪い。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「爺、大河ドラマ 『麒麟(きりん)がくる』観る?
          ここ何年も大河観てないなぁ~」
                      *
          「また戦国もので、明智光秀が主人公なんだってね。
          マイナーなイメージが強い光秀なんだけど、主役と
          して一年間、観たくもない気もするけど・・・」
                           ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          前年の大河がつまらなかったからね。 光秀といえば
         主君の織田信長にイジメられ、その恨みがつのり・・・
         というのが定番だけど、歴史学者によると、かなり善政
         を敷いたお殿様だったらしいよ。
          若いころに読んだ旭川の作家・三浦綾子さんの『細川
         ガラシャ夫人』を思い出しました。明智光秀の娘・玉子
         の生涯を記したものです。その最期は壮烈でした。
          クリスチャン作家の歴史小説です。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「爺、それってアチキに読めってこと? 長いの?
                           ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          ハードカバーで厚さ3cmぐらい。文庫で出てるかも。
                      *
          ネットで調べたら、文庫で上・下2冊で出てます。

Filed under: お便り,テレビ、映画,本、小説、詩  タグ: — tomi 09:17
  • 2020年1月
    « 12月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー