1-DSCF8680

          今朝9時の山荘の気温 -7℃、小雪、積雪:40cm。

        これ以上除雪をサボっていると、陸の孤島になりかねず、痛い
       足を引きずりながらの雪かき作業。コップ一杯の不凍液をのどに
       流し込んで出陣したけれど、両足がテンデンばらばら。終わって
       みると、除雪機に引っ張られての新年最初の除雪作業となった。
       この冬3度目の作業、今年は雪が少なそうだ。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        テレビを見ていたら、島倉千代子さんの歌番組が流れていた。
       デビューからの数々の曲が流れ、その中に『明治一代女』があっ
       た。舞台に人力車の乗った島倉さんが現われ、車夫に手をひかれ
       降り、歌がはじまる・・。
        ふと、樋口一葉の小説にこんな場面があったような・・たしか
       『十三夜』。好きだった女が他の男のもとに嫁いでしまい、それ
       いらい自暴自棄になった男が車夫となっていた。
        ある十三夜の夜、車夫がひくその人力車に乗っていたのが、昔
       好きだった女だった・・・。

Filed under: テレビ、映画,本、小説、詩  タグ: — tomi 14:57
  • 2020年8月
    « 7月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー