あかげら(オス)

    1-DSCF8668-001   1-DSCF8669

         今朝8時の山荘の気温 -7℃、晴れ。 積雪:20cm。

    1-DSCF8667   1-1-1-DSCF8665

         玄関ポーチの横に積み上げてあるストーブ用のマキに
        アカゲラ(キツツキの一種)が留まり、中に居る虫を突
        いていた。きっと生木で探すより、朽ちた木のほうが餌
        になる幼虫が多いのだろう、それに手っ取り早いし。

    1-DSCF8670   1-DSCF8674

        窓ガラス越しに斜めに撮ったので、ハードさに欠けますが、
       距離にして5mほど。冬の間の格好の餌場なんでしょう。

    1-DSCF8666-001   1-DSCF8671

            後頭部が赤いので、オスだと思われます。

    1-DSCF8672   1-DSCF8673

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おはよう、爺。 昨日のアカゲラだけれどさ、頭の毛が
        赤いのは解るけど、下半身、お尻の辺が赤いのは変態か?」
                     *
        「女性が着物の下に付ける赤いオコシみたいで、なんだか
        変っていうか・・動物の世界ではよくあるよね」
                            ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         動物の世界では、オスの方が色鮮やかに着飾ることは
        よくある事だそうです。人間とは逆ですね。
         下半身がオス・メスとも赤く染まっているのはどういう
        意味があるのか無いのか。それより、人間の女性の着物の
        下着のオコシが赤いのはなぜなのか? なにか意味がある
        んでしょうね。 魔除けとか?

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「赤い下着が魔除け? 逆じゃろが。赤い下着を見て
         男が委縮するか! 反対じゃ!」   ─── 仙台姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           調べたら、赤い下着は江戸時代になってからで、
          花街で遊女あたりが着けたのが初めらしい。
           京の花魁は、赤い下着は着けなかったそうです。
          やはり、格式というか、文化の違いでしょうかね。

Filed under: 動物  タグ: — tomi 14:01
  • 2020年1月
    « 12月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー