休欄

             1-DSCF7768

             今朝6時の山荘の気温 16℃、雨。

       珍しく、昨日よりお客様(お一人)があるので、本日は休欄。
      夜遊びして明け方帰ってきたミーシャ嬢、ずぶ濡れになり、震え
      ながら帰って来おった。猫の朝帰りも、なかなか大変じゃの~。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「爺、おはよう。たった一人のお客さんで、休欄するくらい
       忙しいのかよ~(笑)。もしや、若いピチピチした女の子だっ
       たりして?」               ───仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           久しぶりのお客さんなんで、戸惑ってばかり。
          お歳は、爺と同じ70才男性。 残念じゃ!

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「おじさん、お晩です。・・お姉ちゃん・・・
           壊れた!」           ─── 小姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           だいじょうぶ。 お姉ちゃんは壊れ強いから。

Filed under: お便り,未分類  タグ: — tomi 06:48
  • 2019年10月
    « 9月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー