花束にして

   1-DSCF8280
                     1-DSCF8281

      今朝6時の山荘の気温 17℃、晴れ。

     定期的に街の病院で診てもらっている。そのあと近くの調剤薬局で、
    処方された薬を出してもらう、ほぼ、向う2ヶ月分の。
     毎日・毎食後に飲まなければならない薬が、たまに、いや時々忘れ
    てしまう。だから、薬が多く残り、薬局で残量調整してもらうことに。
     そのことを薬局の係りの方に伝えると、忘れないようカレンダー式
    の袋があり、一週間分の薬をその袋に前もって入れておくという便利
    な物があるという。
     ボケ老人には、うってつけのその袋、さっそく購入して薬を詰めた。

              1-DSCF8306

     ところが帰って間もなく薬局から電話が。その袋の代金を頂くのを
    忘れたとのこと。袋の代金は100円。近日中にお届けしますと電話
    口で申したが、なぜかこれから頂きに伺いますと。
     薬局からだとおよそ10㎞、往復20㎞の山荘。事情はあるんだろ
    うが、待っている間に、庭に咲いているヒース(エリカ)と、ピンク
    のヒソップを小さな花束にして、そのあと、彼女に差し上げた。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「この薬袋に薬を追加するのは、日曜日の夜の2錠を飲んでから
     でしょう。飲まないで追加すると飲み忘れます。
      マカとスッポンエキスが入った錠剤がありませんが」
                           ─── 村人・A

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      最近の村人さん、意味不明な内容のメールが多くなりました。
     スッポンより、ボケに効くお薬の方が、いいんじゃないの?
      南の島の、あの美女の、その後はどうなったのか・・という
     メールが届きます。彼女も年老いて、島から離れられなくなっ
     たんでしょうか?
      

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 07:26
  • 2019年12月
    « 11月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー