恋紫(こいむらさき)

   1-DSCF8289
                    1-DSCF8287

       早咲きのラベンダー、『濃紫』 の花が咲き始めました。
     「濃紫」は一般的には、「濃紫早咲き3号」と呼ばれてます。
      でも、濃紫を「のうし(脳死)」と呼ぶことにためらいが
      あるため、ある日山荘にみえた若い女性が「コイムラサキ」
      と呼んだ。
       その話を過日、別の女性にしたら 「じゃあ、文字も濃紫
      じゃなく、‘ 恋紫 ’ にしたら・・」となり、以後、山荘
      では、濃紫(のうし) ➔  恋紫(こいむらさき)と呼んで
      います。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「札幌の西区にもノウシ公園があります。
      農業試験場跡公園の短縮で、農試公園が脳死公園に聞こえる
      ので、変えましょうと騒いだアナウンサーがおりましたが、
      現在も普通に農試公園のままです」

           image1

       「藤沢周平が新聞記者の頃に部下に宛てた手紙です。
       取材のポイントを親切に書いてあります。
       小菅留治=藤沢周平」      ─── 村人・A  
                    

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 10:52
  • 2019年7月
    « 6月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー