『 蝉しぐれ 』

  DSCF0060
                    DSCF0071-001

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「おはよう、爺。 昨夜、『蝉しぐれ』の最終回、再び
     観たんだけど、二人の逢瀬、そのあとの別れのシーン、
     泣いたね(三十路女を泣かすんじゃないよ!)。
                  *
      「お福(水野真紀)さんのセリフ ───

      『 文四郎さんのお子がわたくしの子、わたくしの
      子が文四郎さんのお子であるような道は、なかった
      のでしょうか 』

       アチキも、こんな言葉使ってみたいよ」
                  *
      「ところで爺、お福さんが別れ際に櫛を置いてゆく
      よね。櫛は女の命、その命を置いて行くってことな
      んでしょう?」         ─── 仙台姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      そうでしょうね。これから仏門に入り、髪を下ろさな
     ければ(剃髪)ならない。そうなれば、もう櫛は不要な
     わけで、ある意味、もう女ではなくなる。その最後の女
     の形見を受け取ってほしいという・・・泣けるよね。
      どうでもいいことだけど、水野真紀さんは当たり役で
     したね。 原作を読んだ時は、どうも「お福」のイメージ
     がわかなかった。
      どうでもいいことだけど、主題曲もいいね。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「主題曲『遥かな愛』、いい。 今度カラオケで
      歌おうかな。でも後半のサビの部分 ───

         ♪ 花を抱きしめ 踊りだすのよ
                  あなたと 一緒に

       音程が高い! ここだけピッチ低くしたら不気味
      だしな~。小姫が夏休みに帰ってきたら相談しよう」
                      ───仙台姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         それより、小姫が夏休みに帰ってきたら、
        クラリネットで伴奏してもらいな。ピッチ
        少し下げてもらってさ。
         カラオケに、ピッチ下げる機能もあるん
        じゃないの?

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おじさん、おばんです。お姉ちゃんからのメール
     で 『蝉しぐれ』というドラマの主題曲『遥かな愛』
     の伴奏するようにと」
                 *
     「先ほどからネットで調べてましたが、いい曲ですね、
     採譜も終わりました。ピッチを下げると歌いやすいか
     も知れませんが、それだと曲の良さが失われます」
                 *
      「大丈夫、少し発声練習すれば歌えます。 それには
     お酒を控え、肺活量を増やす呼吸訓練すれば何とかな
     ります。 私もその本、読んでみたいです」
                      ─── 小姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     蛇足ですが、おじさんもネットで調べたらフラット(♭)
    が3個ある譜面の一部を見つけました。小姫なら、音を探
    せば分りますよね。
     授業についてくのが大変な様なので、原作本を読むより
    お姉ちゃんの所に、だいぶ前NHKでテレビドラマ化した
    のが録画してあるそうです。夏休みに観せてもらいなさい。
     小姫のクラリネット伴奏でお姉ちゃんの歌う『蝉しぐれ』、
    おじさんもぜひ聞きたいですなぁ。

Filed under: テレビ、映画  タグ: — tomi 10:38
  • 2019年9月
    « 8月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー