雪の朝

            1-DSCF8051
                (フラッシュ使用)

       今朝6時の山荘の気温 -7℃、小雪。 積雪:30cm。

     思わせぶりな女のような、暖かくなり雪解けが進んだかと思ったら、
    冷ややかに軽くしっぺ返しを喰らったような今朝の雪模様。
     何もかも拒んだような雪空から舞い落ちる雪は、風も無いのでただ
    ただそっと落ちるだけ。そんな中にも、少し大きな雪片が、窓辺まで
    近づきふわりと漂う。おしゃべりしたそうに。
     風がすこし出てきた。樹の枝は揺れないが、雪が斜めに流れてる。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おじさん、おはようございます。テレビ観ました。
        獲物を捕らえる時のキタキツネのジャンプ、思わず
        笑ってしまいました。
         最近キツネの様子、ブログに登場しませんね」
                         ─── 小姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         キタキツネは、とても好奇心旺盛で、人に馴れると
        可愛い仕草を見せますよ。
         番組の中で、雪の中のネズミを捕らえる場面があり
        ましたが、空中にジャンプする前に、顔を左右に振り
        ます。 理由は左右の耳が音波探知機の役目をはたし、
        雪の中のネズミの物音の方向を確認するようです。
         でも雪の中深く飛び込んでも、失敗して顔中雪まみ
        れになった残念そうな顔は笑えます。なんとも滑稽で。
         古い写真のストック箱から探してみました。

            1-1-090331-002

       最近姿を見せないのは、おじさんが余り外に出ないからで、
      足跡だけは雪の上についてますよ。
       以前、山荘の材木置き場で産まれた孫たちになるんでしょ
      うか、キツネの爺さん婆さんに、「山荘のオッサン歳とった
      から、時々顔をだしておあげ・・」なんて言われ、ときおり
      来るんでしょうね。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
         「爺、おはよう・・じゃなくもう昼過ぎだよね。
        最近雪ばかりの写真だから、キツネの写真載せなよ。
        昔のブログによく登場してたよね」  ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        姫、朝帰りじゃなく、昼帰りかよ。体がよくもつねぇ。
       キタキツネの写真だけど、調べたら数百枚あった。
        それほど撮るつもりはなかったけど、山荘の裏の材木
       置き場で、子ギツネ3匹産まれでからは可愛くてね。
        子ギツネたちが、最初に出会った人間が爺だったから
       なついちゃって。 写真の整理ついでに、載せますか。
                   *
        生後1~2ヶ月の子ギツネたちです。 縫いぐるみの
       ようで、可愛かったですよ。

  1-1    1-2

  1-3    1-8

              1-9

  1-90    1-91

  1-P1050584    1-92

            1-93

  1-P1050586    1-94

  1-95    1-96

  1-P1050727    1-P1050726
     

Filed under: 未分類  タグ: — tomi 07:26
  • 2019年4月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー