未読の本

DSCF0002
                 DSCF7668

       今朝6時の山荘の気温 16.9℃、曇り。

 朝晩はまだまだ寒い! そう嘆いたからではなかろうが、ここ2.3日
暖かくなった。日中、窓を開け放しても心地よい。猫のミーシャも昼間は
ほとんど外に出ている。お気に入りは、レンガやコンクリートのたたきの
上でゴロゴロ寝そべり、体を床にこすりつけること。思わず真似てみたく
なる。車の洗浄用ブラシで全身ゴシゴシ擦ってやると、だらしないくらい
体を伸ばす。猫の体って、こんなに長かったかなと驚くほどに。
                *
 読み終えた本を本棚に返すとき、購入したままで一度も眼を通してない
本があることに気づく。中には若くして亡くなった兄の蔵書も並んでいる。
時間と体力がもう少しあれば、すべてに目を通したいものだが、その両方
が無くなりつつある。タンポポの綿毛が風で飛ばされてゆく様に、ふわり
と静かに流されてゆくんだろうか。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「爺、最近なんか元気ないゾ! 食欲ないんだって?
     朝から酒ばかり呑んでるからだよ」
                 *
      「小姫が心配してたゾ。相変わらず食事の回数、
      日に一度だけだって?」     ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      食欲が無くてね。それでも体重は減ってないし、
      血圧もほぼ正常。
      『坂の上の雲』の秋山兄弟の兄・秋山好古さん。
      日本騎兵の父といわれた方ですが、馬上酒ばかり
      呑んでいて米のメシはあまり食べない。それでも
      写真で見ると、かっぷくが好い。弟の真之よりも
      20年以上長生きしたそうな。酒をあまりバカに
      してはイケンゾナ。

Filed under: お便り,お酒,日常生活,本、小説、詩  タグ: — tomi 06:42
  • 2018年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー