幕が開くまえも

DSCF0100-001
                 DSCF0099-001

   今朝7時の山荘の気温 13.7℃(午前4時7.6℃)、快晴。

 相変わらず昼夜の気温差(20度ほど)が大きい日々です。でも四季を
通じ、この時期の美瑛が最もすばらしい。風も雲も。光も爽やかだ。畑は
種がまかれ、苗はまだ植えられたばかりだけれど、なぜかワクワクする。
これから芽を出し、大きく育ってゆくという期待感のせいだろうか。
 ジャガイモの花が咲き、ラベンダーの花が匂い、黄金色に小麦が色づく
畑も美しいが、そういった視覚や嗅覚の満足感ではなく、そういう風情を
思い描いたり期待したりする時間もいいもんだ。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「お~い、爺! 『竜馬』どこまで読んだ?
       アチキは『海へ』に入ったゾナモシ」
                     ─── 仙台姫
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       越された~! 越されるはずよ。 昨夜読んでると
      ‘ あれ、前にここ読んだことがあるぞ ’ 、ページを
      ペラペラもどすと前の日に読んだばかり。それに
      気づき、取り返すのにまた半日かかってしまった。
       シオリをはさみ忘れたのが原因。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「シオリのせいにすんナ! 原因はボケじゃ!」
                     ─── 仙台姫
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       ボケ、ボケ言うな! ボケが可哀そうではないか。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「1782年、伊勢白子から出た船が漂流して千島列島の
    孤島に漂着し、自力で船を作り、孤島を脱出してロシアに
    渡り、10年後に戻ってきた男がいます。名前は大黒屋光
    太夫。元NHK編集責任者の望田武司さんが詳しい冊子を
    出されました。
     知れば知るほど驚きの人生です。江戸時代の日本人は世界
    を見ていたようです」         ─── 村人・A

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   鎖国をしていたからといっても、けっこう世界を見てますよね。
  信長の時代には少年遣欧使節団、江戸の初めには仙台の伊達政宗が
  家臣をスペインに送ってる。鎖国の頃は長崎の出島からも見てる。
   幕末に米国からやって来たペリーやハリスよりも前、暴風で漂流
  した回船がアリューシャンまで漂流した話は、高田屋嘉兵衛にも
  ありました(たしか司馬遼太郎さんの『菜の花の沖』でしたか?)。
  井上靖さんの『おろしや国酔夢譚』とゴチャ混ぜになってきて、脳
  はかなり壊れてます。『竜馬がゆく』を読んでいると、前に2度も
  読んだなんて信じられないです。きれいにみな忘れてる!

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「こりゃ、じじい。 何年か前の記憶ならゆるすけど、
     前日どこまで読んだか忘れるなんて最悪! 移植手術で
     新しい脳と交換してもらいな」    ─── 仙台姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     いいねぇ。できれば若い女性の脳を移植してほしいな。
    姫の脳と交換する?

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「嫌じゃ」  ─── 仙台姫

Filed under: お便り,季節、四季  タグ: — tomi 09:13
  • 2018年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー