ゆるゆると

  DSCF0037
                   DSCF0038

           DSCF0041

          今朝5時の山荘の気温 5.7℃、快晴。

   もう必要ないだろうと止めたはずの暖房機、2、3日前から朝晩だけ
  SWを入れている。室温は20度以上あるのに・・体力がおちてきたの
  かも知れない。道東の釧路方面では、真夏でも朝晩暖房を入れることが
  あるそうだが。温暖化って本当? それより我が身の老化、劣化が原因?
   窓の外、白い物がフワフワ舞っている。タンポポが綿毛をもう飛ばし
  てる。そんなに急がなくてもいいのに、ゆっくりと生きようゼ!

           DSCF7701

       あまりに面白かったので、禁を破り掲載(ナイショ)。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            5-10 (3)
                (旅の途中)

       「札幌も同じように寒くて、セーターを着ています。
       今朝、オホーツク海側では氷点下の所がありました。
       老化ではなく、本当に寒い日が続いています。
       『折々のことば』は本当に面白い!」
                      ─── 村人・A

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、ジョン万次郎だけどさ。若いころ漁師となり、
       船が難破し米国に渡ったけど、帰ってきてから英語
       を教えるのに日本語のナマリ(土佐弁)がひどくて、
       竜馬以外に言葉が理解できなかったってのが笑える」
                        ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        アメリカから帰って来た翌年、ちょうどペリーが
       浦賀に来た。通訳として活躍したと思いきや、相手
       との会話は出来ても、日本語への変換が難しかった
       らしいよ。なんといっても漁師ことば(浜言葉)の
       土佐弁だし・・龍馬とはすんなり通じたらしいけど。
        万次郎さんの子孫(女性)が、先日の朝日新聞の
       コラムに紹介されてました(また禁を犯し掲載 )。

           DSCF7616

        どことなく目鼻立ちがはっきりしていて、外国系の
       顔のようですが、純然たる大和ナデシコだそうです。
                   *
       先ほどネットで調べたら、万次郎さんの英語の和訳が
      載ってました(発音)。

        「こーる」=「cool」、「わら」=「water」
        「さんれぃ」=「Sunday」、「にゅうよぅ」=
        「New York」、・・など。

Filed under: お便り,季節、四季,本、小説、詩,植物、花、ハーブ  タグ: — tomi 06:28
  • 2019年7月
    « 6月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー