猫生

  DSCF7669
                   DSCF7687

         今朝7時の山荘の気温 10.4℃、曇り。

    未明に雨が降ったらしい。外に出たいと猫が鳴くので、窓を開けて
   出してやると、間もなくズブ濡れになって帰ってきた。雨が降ろうが
   濡れようが、猫にはネコなりの大事なことでもあるんだろうか。

  DSCF7697-001  DSCF7699

    猫にも居心地の良さ、暖かさを感じとるセンサーがあるらしい。
   広い山荘のどこが心地よいのか、赤外線センサーが備わっていて、
   所かまわずゴロリと寝転ぶ。見栄や外聞など気にしない。
    短い人生(猫生?)、世間体なんか構うもんかという開き直りが
   うらやましい。

           DSCF7698

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            5-10 (2)
           (みんな何処へ行った?)

       「若い人は、スマホなど見ないで、春宵の景色を
       眺めた方が百倍の価値があるのに。スマホは玩具。
       年配の方には必要な道具。目には毒」
                      ─── 村人・A

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        意味のよく分からないメールですな。そもそも
       「スマホ」って何ですか?

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           爺、小姫が心配してたぞ、最近体重
          減ってるって。3食たべてる?」
                      ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          2食がやっとじゃ。1食のときも多い。

Filed under: お便り,動物  タグ: — tomi 07:26
  • 2019年7月
    « 6月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー