タンポポ・Ⅱ

           DSCF7700
        
          今朝5時の山荘の気温 8.0℃、快晴。

   今朝の美瑛の最低気温は6.4度(午前4時)、予想最高気温28.4度。
  寒暖差20度以上。内地からみれば、朝は真冬、昼は夏の気温でしょうか。

  IMG_20180521_094754  IMG_20180521_094903
       TV番組で話題になった、近所の酪農家の牧草地。

  DSCF7688  DSCF7692
         話題にもなんにもならない、山荘の前庭。
                  * 
   若い頃、故あって北海道から静岡に越した。彼の地では正月に蚊に刺さ
  れることもある。 北海道の友人に、静岡は若者の住む所ではない、老人や
  病人の居場所だと嘆いたこともあった。 それがいま、冬に蚊に刺されても
  静岡がとても恋しい(体が死に場所を探している?)。
   毎日曜日の朝の 『サンデー・モーニング』、岸井さんが亡くなられた。
  ある日、帽子をかぶってきたので、どうしたかと思っていると、声が次第
  にかすれてきて・・享年73才(何の意味も残さない自分と比べてしまう)。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、『竜馬』だけどね、寺田屋騒動の惨劇のあとで
       竜馬が唄う端唄だけどさ、あれ、どういうメロディーで
       唄うんじゃ?」            ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        端唄は7語と5語の組み合わせで出来ているようで、
       メロディーは自由なようですよ。
        竜馬は土佐の出身だし、よさこい節の旋律で唄った
       かも知れないね。

            ♪ 咲いた桜に なぜ駒つなぐ
              駒が勇めば 花が散る
             (よさこい よさこい~)

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「爺、静岡へ帰るんだって? そんなら御殿場にしな。
       近くの長泉町に、いい病院があるからさ」
                        ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「静岡がんセンター」か? 義兄が世話になっとる
       そうじゃ。 余生をそこで過ごすかな。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「爺、『竜馬』、いまどこ? アチキは『流転』。
        江戸に帰ってきた竜馬が、千葉道場で、さな子と
        試合をしたところ」
                   *
         「気を失ったさな子に、口移しで水を飲ませる、
         いい場面」          ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         姫の好きそうな場面ですなぁ。父親の貞吉老人が
        これを見て、あきれるほど清々しいと言ってたね。
                   *
        今夜8時過ぎから、NHKで「龍馬」ありますよ。

Filed under: お便り,山荘周辺,本、小説、詩  タグ: — tomi 06:33
  • 2019年7月
    « 6月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー