茶の湯

  DSCF0059-001
                   DSCF0070

        今朝6時の山荘の気温 10.8℃、くもり。

   昼夜が逆転、不健康な生活を日々送っています。
   朝刊の届くのが待ち遠しく、早朝二度三度、ポーチの新聞受けを往復
  する日々。いい歳をして、まるで愛しい人からの恋文でも待ちわびてる
  ようなふう。
   その恋文(朝刊)に目を通していて、遠い記憶がよみがえってきた。

          DSCF7675-001

   それはタイトルの『千利休・・・』ではなく、下段に小さく載った
  「キリスト教の所作に酷似」という短い記事(写真・下)でした。
            
          DSCF7676

     若いころ愛読していた、旭川の作家・三浦綾子さんの小説に
    『千利休とその妻たち』があります。もう40年ほど前の作品
    ですが、この記事に酷似した内容の文章がありました。本棚を
    探したが見当たらないので、ネットで調べてみますと ───
 
   「・・・何と茶の湯は、キリシタンに似ておるではないかという
  ストレートな信長の言葉をはじめ、利休が、司教の掌る儀式を見て、
  『ふくささばき(四方さばき)、拭き方』を、『イエズスさまの
  十字架で流された血潮を記念してのブドー酒を入れた一つの杯から、
  多くの者がひと口ずる順に回し飲みしていた』ということを聞き、
  茶の湯(濃茶)に取り入れようとしたという記述。『狭き門より
  入れ』という講話から『躙(にじ)り口』を考案したとか・・・」
                 *
   「茶の湯の作法はキリスト教の聖体拝領の影響を受けたのは本当
  だと思うようになる。 千宗易(千利休)が堺にいた時代。 堺には
  キリシタンの教会があり、高山右近も教会に行ったことがある時代」
                 *
   「・・・、長年お茶会に参加している古参の女性信徒に聞いたら、
  聖体拝領と茶道の作法はそっくりだと話してくれた。これに関しては
  過去にNHKや朝日新聞も伝えているのでよく知られた情報のようです。
  手つきは、茶道そのものの流儀に見える」
                     ───以上、ネットより

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「茶道の道具にナツメやシャクがありますが、
       どうも日本的ではない形に見えます」
                     ─── 村人・A

Filed under: お便り,新聞、ニュース,本、小説、詩,歴史  タグ: — tomi 12:03
  • 2019年12月
    « 11月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー