遠くから見ると(山荘遠望)

DSCF0015
                DSCF0016  

         DSCF0014

       今朝6時の山荘の気温 9.6℃、うす曇り。

 山荘も遠くから見ると、まぁそれなりに・・見られないこともない。
近年、家主が老いたため手入れがゆき届かず、荒れ寺ならぬ荒れ宿に
成り果てた。それでも遠くから見ると・・まぁ感じだけはいいのでは。
たまに宿泊の予約が入る。以前、山荘を利用された方々。この方たち
が去り、そして思い出もうすれ、そのあとに廃屋が残ることに。
 おしゃれな街、丘の街ともてはやされる美瑛にも、たくさんの廃屋
がある。中には真新しいペンションもある。夢をもち、希望とともに
始めたはずが、無念であったろう。観光行政の軽さは、ある意味酷い。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「爺、『竜馬』どこまで読んだ? アチキは文庫
     2冊目の中ほど」       ─── 仙台姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     爺もそのへん。すぐ眠くなるので、なかなか進まん。

Filed under: お便り,美瑛  タグ: — tomi 06:36
  • 2018年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー