座禅草

  DSCF0037
        (座禅草)
                   DSCF7631

          今朝7時の山荘の気温 9.2℃、晴れ。

    座禅草(ざぜんそう)別名・達磨草(だるまそう)とも呼ばれる。
   早春の川原で初めて出会ったとき、まさかこれが植物だとは分らず、
   思わず後ずさりしたものだった。名称は洞窟の中で座禅を組む僧侶
   の姿に因んだものだろうか。
    若いころ円空仏に興味があり、どこか姿が似かよっているように
   思われ、それ以来、親しみがわいている。

             DSCF7274
             (書籍『円空佛』より)

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「おじさん、円空の写真にたくさんの線が引かれてますが
     もしかすると、模写でもされたんですか?」
                          ─── 小姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       むかし(20代のころ)円空仏に憧れてましてね。
      実物をなかなか見る事ができなかったので、雑誌の
      写真をもとに、大きくキャンバスに何枚も描いたこと
      ありました。 そのうちの一枚を、友人の結婚祝いに
      贈ったんですが、そのもとになったのが上の写真です。
       昨年、その友人に数十年ぶりに会ったものですから
      その時の絵を、写真に撮って送ってくれと頼んだんで
      すが、少し斜めから撮ったようで、雰囲気がいくらか
      違います。元の写真はモノクロですので、好き勝手に
      彩色するのが楽しかったですよ。

            IMG_1106

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「とても柔和な表情の仏像ですが、どういう名前の
       仏さまなんですか?」       ─── 小姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       正式には童子の像なんですが、尼僧像だとも伝え
       られています。 エンクさんが秘かに思いを寄せて
       いた尼さんだったと言われてます。
                  *
       先年、飛騨高山を旅する機会がありました。目的は
      もちろん円空さんの恋人に会いたくて。飛騨川の上流
      から南下し関市まで来たけれど、おめあての尼様には
      会えませんでした。 尼様は数百年経っても恥ずかし
      がりやなようでしたよ。
      写真はどこで撮ったか忘れましたが、「エンクさんの
      恋人」の展示写真です。実物に会いたかったですな。

            20

       この像を評した書物の中に、物語風のシナリオが
      書き込まれていました。 以下に ───

             DSCF7638

         (鹿島研究所出版会『円空佛』、発行者
          河相全次郎、編者・棚橋一晃 ───より)

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              20180426_141048

       「こちらは水芭蕉。真っ白で、虫も敬遠します」
                     ─── 村人・A

Filed under: お便り,写真、絵,植物、花、ハーブ  タグ: — tomi 12:24
  • 2019年10月
    « 9月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー