10年・20年あとに

           DSCF7599

          今朝7時の山荘の気温 7.5℃、晴れ。

     つい数日前までは昼間は暖房を止めていたが、昨日・今日は
    終日ボイラーは停止している。「平年」という言い方が、ここ
    美瑛でも当てはまらなくなりつつある。10年、20年あとに、
    あぁあの時が、温暖化の変わり目だったと振りかえられる時期
    なのかも知れない。
     10年・20年後の美瑛の丘は、今とそれほど変わらないと
    思われます。変わらない風景、変わらない大地、住む人の世代
    が代わろうとも、悠然として残り続けるであろう姿は脱帽です。
 
  DSCF7601
                  DSCF7600

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          DSCF7573
                (小姫へ〉

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「爺、地元に書店が無ければ、ネットで買い求めれば?」
                 *
     「『竜馬』はどこまで読んだ? アチキは文庫の2冊目、
     もうすぐ終わる」          ─── 仙台姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ネットの「アマゾン」で購入してたんですが、しばらく
     間をおいたら、注文のやりかた忘れてしまってね。
     『竜馬』は「淫蕩」。童貞を失うところジャ。可哀想に
     ノウ~。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おぅおぅ、ずいぶん昔の話じゃのう~。それがな、
      いざというとき地震がきてな、お冴さんに男にして
      もらえなんだ」
                 *
      「けっきょく竜馬を男にしたのは、お田鶴さまか?」
                     ─── 仙台姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      さぁ、誰だったか忘れてしもうた。千葉道場のさな様
     でないのは確か。たぶん、お田鶴様だと思うけどな。

Filed under: お便り,季節、四季,本、小説、詩,美瑛  タグ: — tomi 07:47
  • 2019年9月
    « 8月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー