刻々と

   100408-6
                     100408-8

             100408-8-1

       今朝7時の山荘の気温 1.3℃、晴れ。積雪:0~10cm。

     春の日の夕刻、西日をあび次第に茜色に染まる連峰をカメラで追って
    みました(午後4時~午後6時)。山々の雪が融けて消える7月頃まで、
    今年も目を楽しませてくれます。

   100408-91
                     100408-93

   100408-95
                     100408-95-1

   100408-97
                     100408-98

   100408-99
                     100408-991

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       姫へ、『竜馬』読み進んでますか。きょうの新聞コラムに
      勝海舟の ‘ やしゃご ’(孫の孫)のコラムが載ってました。
   
            DSCF7549

       海舟が登場するのは文庫の3冊目の中ほど。小説では子供は
      娘ばかり3人となってますが、子だくさんだったようですよ。
       お妾さんだけでも5人。その中のお一人が、このコラム執筆
      者の系譜のようです。明治はそれほど遠くはないようですな。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「爺、お晩でヤンス。本読んでてさ、難解な言葉をノートに
      書き出しチョル。これ、小姫の真似(爺に教わったんだと)」
                    *
       「司馬さんが、『龍馬』ではなく『竜馬』と変えた意図、
      さすがは小説家だね。歴史学者にゴチャゴチャ言われない
      よう、予防線をはったわけだ」
                    *
       「『事実は小説より奇なり』というけれど、アチキには
       『小説は事実より真なり』かもな」
                         ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       人間という生きものにとっては、『真実』という言葉は
       絶対的な意味ではないのかもしれないね。

Filed under: お便り,十勝連峰,新聞、ニュース,歴史  タグ: — tomi 11:55
  • 2019年12月
    « 11月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー