(休)

        DSCF7387

  今朝7時の山荘の気温 +2.3℃、雨。 積雪:90cm。

 昨日昼過ぎから+の気温が続き、今朝は雪ではなく雨の朝を迎え
ました。朝刊が届いてないのは、道路が雪解けでグチャグチャ状態
なんでしょう。このあとまた冷え込むと、車のタイヤ跡がそのまま
凍結して残り、今度はガリガリ状態の最悪の道路状態となります。
毎年、春をむかえる頃のいつものパターンですが。
 きょうはこれから、溜まっている3日分の新聞に目を通す予定。
あの長州のオッサンが何かと目の敵にしておる評判のよろしくない
朝日新聞を。嫌いな男が嫌う新聞、それだけでも読む甲斐があるか。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「おはよう、爺。来週小姫が帰ってくる。あの子が
    帰るだけで、どうして浮き浮きするんだろう、ほんと
    の姉妹でもないのにね」       ─── 仙台姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      肉親というより、人としてのつながりの方が
     強いからでしょうか。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       今朝の「朝日新聞」朝刊を読んでいたら、
      以下の記事がありました。

           DSCF7397-001

      偶然、ネットで同じニュースを目にしたら
      以下のような記事内容でした。

        DSCF7398-001

     朝日新聞が、淡々と事実だけを伝えているのに対し、
    産経新聞はちょっと恥ずかしいほどの読者誘導、笑え
    ました。 最後の一文 ───

      「・・参加者が賛同を訴えるチラシを信号待ちの
     人々に配ったが、関心は低いようで、手にする人は
     あまりいなかった」

    新聞記者としての資質を疑います。そういえば、敬愛する
   作家の故・司馬遼太郎さんも、戦後すぐ産経新聞社に入社し
   たそうですが、この記事をどう読みますか、うかがってみた
   いものです。 社説ならともかく。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「爺、アノ世の司馬さんに訊いてみな、なんて言うか」
                    ─── 仙台姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     ひとこと、「記者も若いからねぇ・・」 だと。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「爺、Eテレで2時半から司馬さんの『新選組』が
    あるでゴアス。必見でヤンス!」   ─── 仙台姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     変革期に、なんの思想・心情も持たない暗殺集団
    というのが新選組でしたからね。
     司馬さんの作品に『新選組血風録』がありますが、
    爺は読んだことありません。

Filed under: お便り,季節、四季,新聞、ニュース  タグ: — tomi 09:03
  • 2019年12月
    « 11月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー