そだね~

  1-110211-7
                   1-110211-007

    今朝7時の山荘の気温 -17.6℃、曇り。積雪:90cm以上。

    平昌オリンピックのカーリング女子が試合中に交わす言葉が話題に
   なっている。 標準語の「そうだね」が、彼女たちは「そだね~」と。
   北海道の方言だが、言われてみれば私もよく使う。
    他人に言われ初めて気づくのが方言なんだろうか。「そうだね」は
   日ごろ聞き慣れているけど、使うとなると「そだね~」なってしまう。
   ほんの少しの言い回しが、耳慣れない人には暖かく響くようです。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「おはよう、爺。『なお』 という猫の生まれ代わりの
      小平奈緒が金とったね(女の子だから金とってもいいか)」
                        ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「怒った猫の背のような・・」って言われてますが、
        猫の『なお』も獲物を追う時の姿は鋭かったですよ。
        ビニールハウスの屋根を走り回り、爪でビニールが
        穴だらけになりましたがね。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「おじさん、おばんです。 夜遅くメールして
         ごめんなさい。猫の『なお』ちゃんは、その後
         赤ちゃん産んだんですか?」   ─── 小姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       それまで住んでた家から、事情があり引っ越すこと
       になりました。 他の猫は新たな家に居つきましたが、
      「なお」だけは居つかず、行方不明になりました。
       猫は家に懐くと言われてますが、たぶん元の家まで
       戻ったのかも知れません。10km近くあるのにね、
       可哀そうなことをしました。野良猫になったのかも。
        猫はみな避妊手術済みです。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「猫は何匹いたんですか? どうして『なお』って
       名前にしたんですか?」      ─── 小姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        美瑛に越してきて最初に知り合った方が新聞配達の
      おばさんで「猫、要らないかい? 」と。最初はオス猫
      だったですが、もう一匹メス猫も連れてきた。後で知っ
      たんですが二匹は兄妹だった。 その後二匹の間に子猫
      が3匹生まれ、合計5匹。 あわてて避妊手術しました
      けどね。
       当時の借家は築70年以上の廃屋で、冬は寒かった。
      子供が5人いましたから、冬、湯たんぽ代わりに与え
      たけどね。
       猫の名前は最初のオス猫が「権三郎」(通称・ゴン)
      その妹が「およね」(通称・よね)。二匹のあいだに
      産まれた最初のオス猫が「周五郎」(通称・シュウゴ)
      その妹が「さよ」と「なを」。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「爺、・・・・・・。 知ってたんだ?」
                    ─── 仙台姫

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         まぁね。 そういう名の猫がいたなって。

Filed under: お便り,動物,新聞、ニュース  タグ: — tomi 10:02
  • 2019年12月
    « 11月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー