DSCF7254
                   DSCF7251
                       ‘ まぶし~ぃ!’ だと

    今朝8時の山荘の気温 -14℃、快晴。積雪:60~70cm。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「おはよう、爺。 腰の具合どう? まだ痛い?」
                       ─── 仙台姫
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         朝一番で痛み止め(オサケ)を飲んだので、
         いまのところ具合はいい。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「痛み止め飲むのもいいけどさ、他にもっと
         やる事ないんかい!」    ─── 仙台姫

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        昼前に何気なくTV見てたら、NHKでいい番組が
       あってね、2時間くぎ付けでしたよ。北海道の道東が
       舞台のドキュメンタリー番組です。北方領土の色丹島
       の話し、釧路湿原のタンチョウの話し、釧路と網走を
       結ぶ釧網線を走るSLと、その沿線に岩手県から入植
       した夫婦の話しとか(朝から泣いてしまった)。
        残念ながら北海道だけのローカル番組でした。姫に
       も知らせてあげようとしたんだけど。
        全国放送するようNHKに怒鳴り込んでみたら。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「北海道の田舎の風景が昔と違うところ。
       電柱が多くなった。 たくさんあった湿原が消えた。
       道路が整備されて直線になった。 小鳥が激減した。
       少し歩くと小鳥が見えたのに、ほとんどいません」
                     ─── 村人・A

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「国の特別天然記念物タンチョウ。 給餌などの保護活動に
     よって守られてきたが、その多くが人里に出没。交通事故死
     が多発している。模索する保護の現場を見つめる。
      開拓や乱獲で一時は絶滅の危機にひんしたが、給餌などの
     保護活動によっておよそ1500羽にまで回復した。しかし数が
     増えすぎたことで人里に出没するタンチョウが増加。農作物
     を食い荒らしたり、車に衝突して命を落とす事故が多発して
     いる。人間とタンチョウはどのように関わっていけばよいか、
     模索する保護の現場を見つめる」
                 (初回放送日2015年3月10日)

      以上がネットより拾った番組内容の紹介です。
     保護活動により個体数が増え、かえってそれがタンチョウに
     とってはよくないという保護活動家の言葉は重みがあります。
     「鶴になった男」の高橋良治さんも出演されてました。お歳
     を召されましたね、今年で84才だそうです。

Filed under: お便り,テレビ、映画  タグ: — tomi 08:30
  • 2019年12月
    « 11月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー