除雪の疲れが出て

DSCF7245
                DSCF7246

  今朝9時の山荘の気温 -3.2℃、雪。 積雪:70cm以上。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「おじさん、おはようございます。今朝は血圧がいつもより
  かなり高いです。雪かき作業なさるんでしたら、降圧薬を飲み
  しばらくしてからにして下さい」        ─── 小姫

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ありがとう、そうします。 昨日から断続的に降り続いて、
   新たに20cm以上積もったようです。 雪雲が通り過ぎる
   のを待ってからにします。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「おじさん、こんにちは。雪の写真、昔の映画の一コマの
   ように見えます。雪かき無理しないでくださいね!」
                       ─── A.T.

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     いただいたメールの掲載が遅くなり、ごめんなさい。
    除雪が手間取り、その疲れが出て夕方まで寝てました。
                *
     「昔の映画の一コマ」。 なるほどそんな感じですね。
    曇りの日の雪国は、どこもみなモノトーンです。言わ
    れて思い出すのは 『雪国』 という川端康成の小説。
    国境のトンネルを抜けて雪国に入ると、辺りは白と黒
    のモノトーン世界。 色彩は無い。
     先日TVで、古い『雪国』の映画を放送してました。
    もちろん白黒映画。冒頭、汽車がホームに入って来る
    シーン、あれがカラーなら風情がないですね。唯一火
    事のシーンだけ色彩を付けるとかね。
     原作は高校生の時に読んだ記憶がありますが、その
    後は一度も読み返してない。物語性が乏しく、忘れて
    しまったようです。ただ二人の女性、駒子と葉子だけ
    は妙に印象に残っています。
     その映画では、駒子を岸恵子、葉子を八千草薫さん
    が演じていた。二人ともとても若く美しい。川端さん
    がまだ存命だった頃の映画(1957年)なので、ご
    覧になったはずです。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「ジイ、お疲れさん。 ところでアチキも川端康成
      読んでみようかと思ってたんだけど、何がお薦め?」
                      ─── 仙台姫

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      何がって・・、姫の好みそうな ‘ ド・エッチ ’ な
     内容の本は無い! 何といってもノーベル文学賞作家
     ですからね。
      高校の教科書に『伊豆の踊子』が一部分載っていて、
     それがきっかけで読んだような気がする。でも高校生
     には退屈な作品ばかりでした。覚えてるのは 『雪国』、
     『山の音』『千羽鶴』・・そう『千羽鶴』はよかった。
     ガキのくせしてね。
      思い出した、『眠れる森の美女』・・じゃあなくて
     『眠れる美女』だったか、姫好みの内容の作品があっ
     た。 勧めるわけじゃないけど、退屈しのぎにはなる。

Filed under: お便り,テレビ、映画,天気、星空,本、小説、詩  タグ: — tomi 10:05
  • 2019年12月
    « 11月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー