ハマナス 哀れ

   1-DSCF4527    1-DSCF2444
      (6月 花咲くころ)         (9月 実を付けるころ)

        今朝8時の山荘の気温 -5.1℃、小雪。 積雪:50cm。

      ハマナスの花咲く春から、凍てつく冬までを写真で追ってみました。
     内地の方々はハマナスを御存じないかも知れませんが ───
 
      「ハマナスの名は、浜(海岸の砂地)に生え、果実がナシに似た形を
     していることから 『ハマナシ』 という名が付けられ、それが訛った
     ものである。 バラ科の落葉低木。日本では北海道に多く、南は茨城県、
     島根県まで分布する。主に海岸の砂地に自生する」(以上ネットより)

          啄木の歌にもあり、歌謡曲にもよく歌われている。

          ‘ 潮かをる 北の浜辺の砂山の
               かのハマナスよ 今年も咲けるや ’
                           (石川啄木)

         ♪ 知床の岬に ハマナスの咲くころ ~ (知床旅情)

         ♪ ハマナスの花の香に 口づけの白い白い うなじよ~
           ハマナスのかげにかくれて むせび泣く君の姿よ~
              (ザ・キッパーズ『はまなすの恋』より)

   058    121104-1
    (10月下旬 霜の降りるころ)     (11月上旬 葉の色づくころ)
 
   xxxx-6    111209-1
     (11月中旬 凍てつき)        (12月上旬 しばれて)

             1-31
                (翌1月下旬 ・・哀れ)

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「お~い、爺! 生きとるかい? 今日3時からBSで谷崎の
      『春琴抄』 やるんだけど、これから小姫に録画を頼むんだけど、
      いいよね?」
                    *
       「つまりさ、その、あの話、目を突き刺す部分あるからさ」
                         ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         たぶん、再放送だと思いますよ。 だとすれば映画や
        ドラマ仕立てではなく、アニメの絵コンテみたいな画像
        が流れ、数人の解説者がカンカンガクガクお話をし合い、
        高校生の女の子が朗読会みたいに筋を運ぶ・・・ はず。
        もういいんじゃないの、小姫も今年成人式なんだろう?

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「おじさん、『春琴抄』ですが、前にお姉ちゃんの
         本棚からそっと借りて読みましたよ。 衝撃的でした。
         男女の間に、あんなに激しい愛もあるんですね」
                          ─── 小姫

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           姫、遅かりし。 本棚にあるイカガワシイ本、
          整理しておきなさいよ。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「爺、お晩ドスエ~。『春琴抄』 観たゾナモシ~。
         読書会、面白かったけど、中野信子さんが加わって
         たら、どんなカンカンガクガクになってたかね」
                        ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          なるほど。脳科学学者の立場からだと、どんな
         コメントが出たか、興味ありますね。

Filed under: お便り,季節、四季,本、小説、詩,植物、花、ハーブ  タグ: — tomi 09:26
  • 2019年10月
    « 9月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー