迎える冬は ・・・

    111111-2
                      111111-2-1

             101106-2

            今朝7時の山荘の気温 12.1℃、曇り。

      朝寝坊してしまい、お客様にコーヒーをお出しするのを忘れてしまった。
     今朝は風があるので、小型ヘリによる消毒作業も大変だろうかと。
                     *
      最後の最後、カラマツの紅葉も盛りを過ぎ、野山の木々も淋しくなった。
     農道は落ちたカラマツの葉に所々覆われ、ふわふわとして歩くと気持ちが
     良い。 年に一度の感触です。

    091030-1   101113-3
 
      これからは一気に冬に向かう美瑛ですが、迎える冬は積雪が多いのか、
     暖房用の灯油の値段はどうだろうかと気になるところ。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「爺、お晩でヤンス。 『野生のエルザ』 借りてきた。
         これから一杯やりながら観るところ」  ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          最後の場面、泣くなよ。 テーマ音楽がいいんだよ。
         爺の好きなジョン・バリーの曲。 アフリカの大草原
         を彷彿とさせるような、スケールの大きな曲調です。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「爺、観たよ、泣いたね。 ライオン飼いたいよ~!」
                          ─── 仙台姫

Filed under: お便り,季節、四季,植物、花、ハーブ  タグ: — tomi 08:51
  • 2019年10月
    « 9月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー