慈雨

    DSCF6446
                       090714-5

              109

             今朝9時の山荘の気温 19.3℃、雨。

     朝から雨。 終日降り続くという予報。 待ちにまった 「慈雨」。 風もなく
    心地好く降り続いています。気のせいか、体中の方々の痛みも和らいだような
    気もします。 私の体も植物化したのかも知れませんね。
     最近の猫のミーシャ嬢、ベッドで横になっている私の横に来て、2本の前足
    で腕のあたりを、踏み踏みモミモミします。疲れているんだろうと気づかって
    いるんでしょうか、グッとこみ上げてくるものがあります。いつもはグタッと
    寝てばかりの猫ですがね。
     きょうは、たまっていた新聞、読みかけの本などを、猫の真似してグタッと
    寝転んで読むことに。
     写真は、清々しい空気感漂うものを掲載しました。

              DSCF6510-001
                  (昨日の言葉)

              DSCF6508
                  (きょうの言葉)

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「おはよう、爺。 三枚目の白樺の砂利道、いいね。
           P・Cの壁紙、替えたいから大きいの送って」
                           ─── 仙台姫
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                大きいのに替えておいたよ。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       DSCF6512   DSCF6513

       新聞の読書欄に載っていた本。 美瑛に本屋さんが無いので、読みたい
      けどなかなか購入機会がない。 内地にいる子供にでも頼もうかなと。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                img517
                  (山荘への近道)

          「カラフトルリシジミと言う、薄紫色の小さな蝶がいます。
         天然記念物で採ってはいけませんが、北海道の高い所にいる
         ので、山荘にも来ていると思います」
                           ─── 村人・A

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         ごめん! 蝶々といえば 「美瑛町長」 ぐらいしか知らない。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              DSCF6511

       小姫へ。 君が尊敬していた日野原さんがお亡くなりになりましたね。
      新聞記事の中に、フォーレのレクイエムの話しが載ってました。 今夜
      一緒に、ユーチューブで聴きましょう。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         「爺、中国の若い女の子が、北海道で行方不明なんだってね。
        美瑛にも寄ったらしいけど、山荘に現れたなんて事はないよね」
                       *
         「ただでさえ客の少ない宿だし、まぁ心配することもないか」
                             ─── 仙台姫

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          でもね、ここ数日で、お巡りさんが2回も来ましたよ。
         山荘まで来るんだから、美瑛のすべての宿を調べてるんで
         しょうね。
          山荘は周囲に家一軒見あたらないので、凶悪犯なんかが
         潜んでんでいるんじゃないかと、警察に目を付けられてい
         るようですよね。

Filed under: お便り,天気、星空,新聞、ニュース  タグ: — tomi 09:51
  • 2019年12月
    « 11月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー