内地、本土

             090709-95

   090709-3     090709-4

     今朝5時の山荘の気温 15.2℃、快晴。

    写真は半月ほど前のもの。 緑肥として植えられるキガラシが丘を飾る光景は、
   旅人を喜ばせる。 菜の花の仲間だから、春と見まごう風情が不思議なんだろう、
   皆そろってカメラのシャッターを押す光景も不思議。
                     *
    「内地」 という言葉がごく自然に会話の中で使えるようになった。本州からの
   若い頃の数年、そのあと40歳になってから今日までの、合わせると30年以上
   の北海道暮しで、ようやく当たり前の言葉として口先から出てくる。
    初めは本州のことを「内地」と呼ぶのかと思ったが、四国・九州も含めてそう
   呼ぶ。 ただし、自分たちの住む北海道を「外地」とは呼ばない。 どうして道民
   は津軽海峡の向うを「内地」呼ぶのか。先の戦争で、一時的に他国に占領された
   わけでもない。
    「内地」 とか 「本土」 とか呼ぶ言葉の意味が、わずかずつだが解かりだした。
   解かりだしてみると使うのに抵抗感がなくなり、爽やかさと共に冷ややかさをも
   伴う。 沖縄の人々も、いくぶんそうに違いない。
    むかし沖縄を旅したとき、宿泊名簿に書き込んだ「北海道・美瑛・・」に目を
   とめた宿の若い女性が、一度ぜひ美瑛に行きたいと目を輝かせていた。 彼女は、
   その後北海道を、美瑛を旅しただろうか。 もう30年以上も前のことだ。

                  DSCF6472

                 最近の 「言葉」 より

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「おはよう、爺。 朝から歳若い娘を泣かすんでない。
         忍君、がんばっぺ!」        ─── 仙台姫

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        姫が 「歳若い娘」 かどうかは知らないけど、いい話だね。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                Saitō_Kichi-001
                  (伝・唐人お吉)

         幕末、下田に来た米国の総領事・ハリスの事をネットで
        調べていたら、「唐人お吉」 の写真が出てきた。 本人か
        どうかは疑わしいらしく、別人ではないかと記されている。
        でもこの顔の表情を見ていたら、久しぶりに絵心が湧いて
        きて。 長く見ていても見あきない不思議な表情だ。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          昼のテレビ報道番組 『ひるおび!』 を観ていたら
         今朝の朝日新聞 『天声人語』 出てきた。 番組は
         TBS系列・毎日新聞系なので、ライバル紙のコラム
         が登場するのは微笑ましい。
 
          それで、その今朝の朝日新聞 『天声人語』 ───

              DSCF6487

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          「おい、ジジイ。 アチキの絵はどうなったんだよ~、
          早く描いておくれよ~。 とびっきり色っぽくね」
                         ─── 仙台姫
           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          小姫に描いてもらいなさい。あの子、最近絵の腕を
         あげてる。絵筆のタッチがとても繊細で、医学部など
         に置いておくのが惜しいくらい。爺もそのうち描いて
         もらおうと思ってる、遺影の写真代わりに。

Filed under: お便り,北海道,新聞、ニュース  タグ: — tomi 06:54
  • 2019年10月
    « 9月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー