何を見ていたか

    DSCF6455
                       DSCF6453

      今朝5時の山荘の気温 18.6℃、曇り。

    何でもない風景・場所だけれど、いつもは眼もくれず通り過ぎてしまう場所だ
   けれど、ふと何かの折りに視界に入り、心に残る風景がある。
    写真は山荘から街中に向かう途中の、とある平凡な風景。 もし車を運転中に、
   ふと目をそらし、偶然その場所に雲間からスポットライトのような光が差し込ま
   れていなければ、この先ずっと目を向けることはないかも知れない。 それはた
   ぶん景色の問題ではなく、人が日ごろ何を見ているかという問題ではなかろうか。
   何も見ていなかったともいえる。

    DSCF6457    DSCF6456

    写真は、昨日街に行ったときに撮ったもの。 7/10 『今日は雨』 の写真と
   比べると、畑の様子がずいぶん変わりました。 麦畑はもうすぐ収穫の時期を
   迎えます。
    ちなみに、昨日の 『こころ旅』 で、正平君が川の中で手紙を読んでいた所か
   ら、この場所は1kmほど離れた場所です。
 
       DSCF6465     DSCF6466

      きょうの雑草ガーデンからは、珍しくまともなハーブ 「サントリナ」。

              DSCF6467

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            「爺、ラベンダー、いつ配達してくれるの?」
                          ─── 仙台姫

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              今夜7時ごろに配達希望と指定したよ。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           「爺、ラベンダー、とうちゃこ。 前に白ワインに
           浸けると美味しいってね、アレどうするんだっけ?」
                          ─── 仙台姫

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             安い白ワインでいいので、口の広い瓶に移す。
            ラベンダーの花をお茶パック(和紙でできた袋)
            に適量入れ、白ワインの中に入れる。 そのまま
            数時間浸すと、白ワインが淡い紫色になるので、
            パックを取り除いて出来上がり(浸す時間が長
            いと苦みが出る)。
             うす紫色のワイン、香りもよく・・ 飲み過ぎ
            ないように。

Filed under: お便り,美瑛,風景  タグ: — tomi 06:51
  • 2019年9月
    « 8月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー